BBQ.jpg今年の国慶節は、中国建国70周年の大パレードが催されるため、交通規制となる。

VPNもダメ出し、北京市内にいても何も意味がない。パレードはテレビでしか見れないし、人混みは避けたいし…。

ということで、友人達と共にBBQをしに郊外へ!

野外でのBBQは、北京では許可された場所でしか大々的にできない。

郊外の友人所有の土地で、ひっそりとBBQをするのは「OK!」とのこと。屋内で炭に火をつけた後、屋外で焼き肉開始!

離れには小屋があり、何故か麻雀セットが!友人も子供たちも、麻雀にハマり、楽しい時間を過ごした。

中国人にとって、焼きおにぎりは食べたことがない人が多いようで、試行錯誤で焼いたおにぎりを美味しそうに頬張っていた。

中国のメンツを掛けての大パレード。

ガソリンスタンドも閉店となり、商売もなにもない。

国民とあまり関係のない所での祝い事は、今に始まったことではないが、何とも不思議な感覚にはなる。

始まった7連休。

明日はトランポリンランド?に行く予定だ。

大運河公園.jpg中秋節の三連休。

昨日は仕事だったので、今日は家族サービス。

息子も娘も、午前中は勉強をし、午後は皆で通州区の大運河公園へ。

息子が、4人乗り自転車を乗りたいというので、なんと2時間も乗ったあと、持参したテントを張ってちょっと休憩。

蟻の巣を発見し、お菓子をバラマキ観察しているのがこの写真。

最後は。。。男子なら誰でもやっていた蟻の巣攻撃…そして母親に怒られる。

中学になった息子、家族での行動は、いつまでできることだか…。

中秋節2019.jpg日本でも十五夜の月見をする風習はあるだろう。

中国、台湾、香港、朝鮮などそれぞれの場所でも、このような習慣はあるようだ。

日本にいる頃には、直別なことをした記憶がないが、中国にいると、「月餅」を贈る習慣があるし連休にもなるので、どうしても意識はするだろう。

それでも、この「月餅」を贈る習慣は減ったと感じる。企業間でも贈り合うことは少なくなった。

新世紀不動産も、以前は毎年かなりの数を購入し準備していたが、忙しすぎるのと企業でも受け取らない雰囲気になってきていることもあり、もっと本音をいうと「食べ飽きた」というのが最大の理由かもしれないが、中国政府も自粛していることもあり、本当に減ったと感じる。

実は、毎年「今年はなにか変わったことをしたい」とは思うのだが、毎日本当に忙しくなかなか準備ができていない。

 

2020年の中秋節には、なにか特別なものを準備してみたいものである。

9月13日、14日、15日は連休となるので、御用の方は担当者にお電話ください!

運動会.jpg日本人学校の運動会が催された。

娘も3日合目の参加となる。時が経つのは本当に早い。

中学3年である友人の子供としては最後の運動会。

来年は日本に帰国を決めている家庭にとっても、最後の運動会だ。

それぞれがいろんな感情を胸に、皆が伸び伸びと躍動し、元気に参加していた。

大人にとっては、強すぎる日差しに目眩がしそうな、熱中症になりそうな感じがし、それはそれで必死であった。

成長する我が子を見て、自分の老いを感じつつも、嬉しさいっぱいの運動会であった。

ORIENTINO モール.jpg大望路橋東南に建つORIENTINO。

第二基が11月くらいにオープンするそうだが、それらマンション棟の北側のショッピングモールは、写真のように工事中だ。

どのようなテナントが入るのかはまだ未発表。

北京SKPの弟分という設定だが、対象の消費者は中所得者層なんだとか。

コンビニなどもまだないことから、少しでも早くテナントが入ってほしいと願っているのは、私だけではないはずだ。

将来的には地下鉄とも直結となる予定だそうだが、はたして…。

元ゴーストビルであり、いわくつきの物件ではあるが、山あり谷あり、様々な問題を乗り越え期待に応えることが出来る物件となることができるのか。

不安もあるが、楽しみでもある。

新物件.jpg北京建国門のロシア人街に近い、雅宝路に新物件が登場する予定だ。

「北京福庭酒店」が現在分かっている名称である。

参考資料は入手しているが、実態はまだ不明なまま。

11月にオープンと聞いていたので、実際に視察をしようと訪れたが、現状は写真の通り。

紹介資料によると、屋上にプールが設置されるとか。更にGYMもあり、部屋の間取りはLOFT。

どれほどお洒落な物件となるのか、期待したい。

このエリアは、長らくアジアビルのみであった。

報道関係者や長富宮ビルにお勤めの方にとっては、新しい選択肢となることだろう。

11月まであと約2ヶ月。

帳尻を合わせるのは得意な中国。ここからあっという間に完成へともっていくのだろうな…。

楽しみである。

FrasrSuites.JPG北京のCBDエリアで人気のFraser Suitesが売却される見込みだ。

5年前からも「噂」はあったが、否定され続けてきたがここに来て本格化だ。

得た情報では、既に売却先も決まっていて、9月には決定権が新家主に移るそうだ。

そのため、最短で11月末までには退去を命ぜられるかもしれない。

新オーナーがそのまま賃貸を継続するのかも決まっていないそうだが、従業員たちへの補償やその他問題は解決していないことが予想され、今後も一悶着ありそうだ。

既に動いている人もいるようだが…。

改装中の国貿公寓も、噂では年末にはオープンとも聞いているが、実際の情報はまだ入っていない。

来年にはOakwoodも撤退する可能性も高く、供給がますます減っていく…。

供給が減れば、家賃の値上げも必須。

日本企業にとっては、全く良いことはないだろう…。

BLOOMAGE.jpg華熙国際公寓(BLOOMAGE)にて怪奇現象と思うような出来事が起きた。

なんと、蛇口をどちらに捻っても、お湯しか出ない!

水のはずが全てお湯!

お客様からのクレームで発覚したが、私に連絡があるその約3週間前からの現象というから驚きだ。

それまでの間、ここの工程部ではどのような対処をしていたのか…。

仕方がないので、私も工程部がチェックするようすを監視。賃貸部の人と一緒に工程部へ強い指示を出し原因を究明させた。

原因は…なんとある部屋にて特別に設置した「食洗機」だった。

追加設置された、食洗機用の水道管があるが、そこにある部品を取り付けていない事により、お湯と水の水圧バランスが崩れ、お湯が冷水の配管に混入してきたというのだ。

この業界に15年携わっているが、初めての出来事である。

蚊が多かったり、雨漏りがあったりとイベントの少なくない物件ではあるが、今回の出来事は、稀である…。

誕生日.jpg

娘の9歳の誕生日となり、家族で焼き肉を食べに!

北京の東北エリアにある、望京エリアにある、「坦坦大炉」という焼肉店へ。

1時間近く待ち、やっと席へ。

初めて来てみたが、この店は最高だ!

舌の肥えた人にとっては「それほどでも」と思われるかもしれないが、一般庶民としては、「最高!」である。

特に、先々週に「失敗した」と思わされた韓国料理を食べている我が家にとっては、「海鮮豆腐スープ」ですら味が違うと感じ。。。

料金も味も大満足であった。

娘も喜んでくれ、自分で焼き肉を焼いたりと、大満足。

今後、焼き肉を食べたいなら、暫くはこの店のみとなりそうだ。

Millennium浄水器.jpg人気のMillenniumに、浄水器が標準装備された!

フィルターは3層ではないかと予想されるが、電源を必要とする構造から、石灰分のもある程度濾過できるのではないかと思われます。

日本の水道水はかなり綺麗な状態で提供されているため、浄水した水道水は「加湿器」や「製氷」には相応しくないと言われていますが、まあ中国の水道水は石灰分も多いため、加湿器や製氷には、浄水した水のほうが好ましいのかもしれませんね。

 

ここ数年に登場した新物件では、浄水器が標準提供されている物件が増えているようです。

フィルターは年一回に無償交換していますが、その分、ウォータサーバーは提供しないようになってきているようです。

浄水器は個人でも設置は可能です。特にビルトイン式の浄水器は、浄水能力も高くお薦め。

当然、シンク下に電源があるかの確認は必要となりますが、我が家では5層のフィルターで濾過していますが、直接飲み続けて10年近くなります。今のところ、健康面での問題はなさそう。

ご相談いただければ、ご紹介いたします。

健康にも気をつける人が増えてきた中国。

今後は、もっともっと便利になることだろう。

携帯SIMの契約も、30分で完了してしまう中国。

日本のほうが不便と感じることが多くなってきた今日この頃。

各マンションも、近代化していかないといけない時代となった。。。