toen.jpgなんと、東苑公寓が一年後の2017年12月31日をもって、営業停止となる。

我々には昨日知らせがあった。

これは大混乱だ。ただでえ供給が足りないエリアであり、ほとんど日本人が住むマンションの営業停止である。先週知らせがったFraser Residenceの営業停止通知よりは常識的ではあるが、それでも頭が痛い事である。

1990年にオープンした同マンションは、インフラの老朽化が目立ち、雨漏りや配管の水漏れ、悪臭などトラブルは耐えなかったのかもしれない。

説明では、物件そのものは取り壊すことはなく、配管や電気系統を全面的に交換。間取り等々まで変更すえるのかは不明だが、様子は大きく変貌するのかもしれない。

工事予定期間は、1年半~2年。2020年までには再開する計画のようだ。

但し、再開した場合には日本人だけではなく、欧米人や中国人も受け入れて行くことだろう。更に、家賃も現在の相場から大きく上がるだろう。2万人民元を下回る部屋は、存在しなくなるだろう。

人気のあおぞら幼稚園もどうなってしまうのか…。

上海に続き、ここ北京でも年末年始の忙しい中、大事件となってしまった…。

 

Fraser Residence.jpg北京にあるFraser Residenceが突如、2017年2月28日をもって営業終了することが発表された。

2007年より営業をしていたが、ビルそのものが11億元で売却され、新オーナーが突然「レンタル中止」を指示。つまり、契約破棄である。

非常に中国らしい対応であるが、突然の連絡でしかも「来年2月には出てください」である。

契約違約金やその他保証は全くなし。これからの交渉だ。

上海でも日本人向けマンションが売約され、突然の追い出し。

物価上昇と人件費高騰、そして不動産バブル。

単身者が多いのでまだ対応はし易いが、それでも混乱は免れない

 

今後の予定だが、全く未定だ。

新オーナーが高値で更に売却するのか、Fraserの管理は必要なく、自社管理をするのか…。

Fraserグループとしては、北京では幻となった『Fraser Place』以来の事件となる。自社ビルであるFraser Suitesを残し、Fraser Residenceが消滅することとなった。

上海は、このようなサービスマンションが減り、個人オーナー物件が大半を占めているという。

北京もそうなるのか……オーナーの文化水準は上海の方がひとランクもふたランクも上であるが、そう遠くない将来には北京も上海のようになるのだろう。

 

NEW Chofukyu.jpg長富宮公寓に新内装が登場した。

これまでとは売って変わり、ドイツ人によるデザインらいし。日本をイメージしているとか??

16階のフロアーを全面改装し、間取りも1LDK とStudioを増やした。

あれだけ工事をし、居住者からのクレームにも耐えながら進めてきたプロジェクト。

全ての部屋をこのようにすることは難しいが、遂にここまで改造した。簡単ではないが、やればできるではないか。

問題は家賃設定である。ちょっと高めの設定となっている。

単身者が増え、需要はあるようだが、このエリアでこの家賃…。客足をどこまで伸ばせるか、注目していこう。

家賃の詳細は、担当者までお問い合わせください!

tezukuri.jpg最近の炊飯器は凄い!

ご飯を炊くだけではなく、ケーキも焼けてしまう!!

子供たちがケーキを作ってくれたのだが、味はなかなかのもの。

息子は満足していなかったけど、それでもかなり喜んでいた。

息子のことだ、次回再度チャレンジする際には、グレードアップしてくることだろう。

家族みんなで頂き、「これなら朝食に食べても問題ない!」と話した我が家であった。

kenko.jpg初めての中国での健康診断。

昔、ビザ取得のための健康診断は経験があるが、日本でいう「人間ドック」のような健康診断は初めてだ。

当日は、予約した近所の私立病院に向かった。

朝食を抜いていくのは、日本も中国も同じ。

受付を済ませて、いざ診断へ!

看護師に人項目ずつ呼ばれて受診するのかと思いきや、人が少ない場所を自分で探し、並ぶしかない!

日本とは違うな~と感じながら、それでも一つ一つ診断を済ませていく。

もっとも戸惑ったのは、検便検査である。

トイレの入り口で、検尿検査の瓶と共に検便用の瓶も渡す。

思わず、「今やるの?」と質問。

「そうだよ。それとも棄権する??」二社選択。

そして思わず、「今は出ないよ~( ;∀;)」

最終的にはお持ち帰りにしてもらい、後日提出るすことに。

無事に終了した健康診断。問題もなく。健康体であったほしいと願うばかりだ…。

kekkonshiki.jpg今日は、同僚の息子さんの結婚式でした。

新世紀不動産主要メンバーで参加。

昨日までの天候が嘘のように青空となり、晴々しい日となりました。

新郎新婦共に、とても仲睦まじい姿であり、幸せ一杯でした。

結婚式はと申しますと…。

やはり中国式ですね。カメラマンと参加者のカメラ撮影で、ゲスト全く姿が見えない!

肝心な瞬間の撮影ができない!!

横では、中国人ゲストの子供が木登りを始め、その母親が大声で写真撮影。

中国やはりスゲ~と感じる場面でした。

感動的な場面も、カメラマンが真ん前に立っているので、見えない!

この習慣、まだまだ続くのだろうか…。

新郎新婦は末永くお幸せに。

sanzen.jpg三全公寓の二重窓のお出まし。

北向きや西向きの冬は寒いという評判が十数年と続いていただ三全公寓…。

暖房を自前ボイラーで提供しているにも関わらず、寒いという声…。ついに改善に動いた!

リビングにある大きなガラス窓は、見た目が良いが隙間風が多い。

中国のドアサッシは隙間風がよく入る。

そこで、左写真のように二重窓にしてしまった!見た目はちょっと威圧感があるが、保温効果はよいらしい。

これで、だいぶ改善されたという実績もある。

ネット回線速度が遅いというクレームは少なくないが、まずは寒さ対策として、これは期待できそうだ。

 

yokado.jpg一つの時代が終わった。

中国北京のイトーヨーカドー一号店が閉店した。

あれだけ順調に成長し、市民からも受け入れられていたヨーカドーが、閉店である。

今後は2店舗のみを残し、全て閉店するとのこと。

時代の流れに乗り遅れてしまったのか…。最近はAEONが順調に店舗数を増やしているようである。

後から来た者の方が、先に行っていまった格好である。

今後ここには何が入るのか。この裏に住んでいる同僚としては、溜息しかないのだろう…同情してしまった。

New Oakwood.jpg遂に新Oakwoodの登場だ!

場所は、北京JOYCITYの北側。東四環路と東五環路の間。日本人駐在員にとってはちょっと不便かな??

近所に朝陽体育センターがあるため、ゴルフ好きな方には嬉しい情報かもしれません。打ちっぱなしがあります。

さて、このOakwood。設備は一級品です。

PM2.5対応の空気洗浄機(フィルター)をビル空調システムに導入し(三全公寓に続いて2物件目)、キッチンシンク隣に食洗機を完備。

テレビ下の音響システムには、YAMAHAを採用。

先日の説明会では、Oakwoodの食事を試食。美味しい!(朝食等々はオプションです)

立地条件は少しマイナス的な面もあるため、通勤バスは提供する予定だ。

プールは工事中なので拝見できなかったが、来年の正式オープンに向けて、着々と準備を進めている。

北京の市場に、起爆剤となるか。期待したいところだ。

yasai.JPG突然の告知ですが、今週末の29日に、野菜刈りイベントを行います。

超がつくくらい久々のイベント。

中秋節の贈り物で選んだ有機野菜が評判であったこともあり、今回お客様も一緒に楽しもうということで、この企画。

急な決定で何人参加されるのかは不明ですが(きょうの時点で既に30人も応募!)、まだ定員に余裕はありますので、是非ご連絡を!

詳細の下記の通り。

日時:2016年10月29日(土曜日)

場所:川源 王木蔬菜基地(市内より北に約100km

集合場所:後日連絡

応募方法:メール或は電話(応募期限は10月23日まで)

担当:徐瑶瑶(151-1003-6418 xu_yy@shinseiki-bj.com

劉麗平(150-1150-9356 liu_lp@shinseiki-bj.com)

参加費:120元/人(小中学生半額、児童無料)

参加費に含む費用:往復のバス代と昼食代

参加費に含まない費用:野菜狩り(15元/500g)

注)応募者数が一定人数に達しない場合には、中止とさせていただきます。

 

当日は寒いかもしれません。

到着までのちょっと時間もかかりますが、得られる体験は貴重なものになるかも?