xingym.jpg

新旧オーナーの闘争劇により、激動の一年を過ごした三全公寓

昨年5月より、個人オーナー部屋居住の居住者はGYMが使えなくなり、多くの方が困り果ててはいたが、この度3号棟の1階のGYMが完成した。

小規模ではあるが、タブレットでTVも見れるなど、創意工夫。限られたスペースで可能な限りの設備を提供している。

元々、日本人が多く住むマンションではGYM設備は大規模なものは必要なく、小規模でも充分なのだ。かつての東苑公寓GYMは、マシーンは本当に古く新調する動きは一切なかったほどだ。

さあ、景秀グループに対して、三全公寓旧オーナーの巻き返しなるか!?

nise.jpg

北京の郊外(空港の方)にある、レジャー施設に先日行ってきた。

子供が一日遊べるような場所となっており、食事もカフェもあり、大人もくつろげる場所である。

しかし…。

入園してそうそう、「なぜここにルフィーが?」と思う物が!

これは明らかに許可を取っていないでしょう…。

でも、貴重な物を見させてもらった!


inoshishi.jpg新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

新しい一年をどのような気持ちで迎えられたのでしょうか。

2020年の東京オリンピックまで残すところ一年半。着々と準備は進んでいるようですが、今年はどのような年になるのか…。

平成から新しい時代へと変わる時。

人も、経済も、どのように変わっていくのか、誰もが気になることでしょう。

弊社も変わらなくてはならない時を迎えていると感じます。

正式、この中国で、文化の異なる中国人と共にビジネスをするというのは、非常に難しいことであると肌で感じています。

しかし、日本も少子化、高齢化社会の影響から、どうしても外国人受け入れをしてかないとならない状況。ここで奮闘している経験が、いつしかこれからの日本でも役に立つ事を期待しながら、更なる飛躍を目指し進んでいきたいと思います。

2019年が、皆様にとっても素晴らしき年となりますことを、心より祈っております。

景秀新内装.jpg

三全公寓の景秀グループが、なんと2LDKを1DKやStudioに改造した部屋を発表した。

4タイプあり、上の写真はその内の一つの間取り。

改装工事中から完成前に契約をした中国人と欧米人が既に住んでいるため内覧はできないが、新たに改装をする予定であるため、2019年3月頃には10部屋ほど増える予定だそうだ。

これまで、改造した部屋は数部屋であったが、元々1LDKなど単身向けの部屋数が少なかった三全公寓。このようなタイプの部屋を増やすことでニーズに答えていこうと努力をしているのだろう。

景秀の部屋であれば、プールもGYMマシーンも使えるため嬉しいかぎりだ。

dongyingfang.jpg北京の三里屯、工人体育館の西側に登場した、『龍湖・東迎坊』というマンション。

龍湖グループは中国でも有名な、大手不動産開発会社。この場所は以前は更地か駐車場だったとか…。政府との太いパイプがないと、このエリアでの開発は困難らしい。

ただ、正直日本人にとっては不便と感じるのかもしれない。BAR街に近いエリアであるのは嬉しい人もいるだろうが、単価がそれなりに高いとか。

欧米人にとっては喜ばれる人も多いのであろう。車のVolkswagenなどは既に契約をしているとか。

上の写真は1LDKのタイプ。これで既に24,000元~とのこと。一月ほど前までは20,000元以下だったのに…。2LDKはなんと38,000元!!

Oakwoodが閉鎖するため、その影響もあるのかは不明だが、高すぎるの家賃設定にがどう影響を与えていくのか…やはり日本人にとっては縁が薄そうな物件だ。

フィルター.jpg最近、このようなフィルターを発見し、シャワーに取り付けてみた。

シャワーヘッドは日本から持参したのだが、浄水機能はない物。そのため、シャワヘッドがよく詰まる。

何か良いものは無いかな~と思っていたところ、このような物があるのに気づいた。

洗濯機やウォシュレットにもフィルターはつけていたが、同じフィルターはシャワーには取り付け難い。

 

早速購入して設置。

なんと、1週間も経たない内に、下の写真のような事に…。

我が家の配管は古いとは思うのだが、数日でこのような色に変色し始めるとは、正直驚いてしまった。

交換用フィルターもそれほど高くはないため、こまめに交換できそうだ。

効果はともあれ、一つでもフィルターを通して使用できれば、何かしら効果はあるだろう。

 

気になる方は、是非試してみてはいかがでしょうか?

kagi.jpg

今日、仕事の関係で左写真のような研究センターにお邪魔した。

実はここ、あのビル・ゲイツさんが中国政府と投資をした、全球健康薬物研究センター(Global Health Drug Discovery Institute)である。

ここの環境は申し分ない!

11月7日にオープンしたばかりで、セレモニーにはビル・ゲイツさん本人も来られたとか。

アメリカから派遣されてきた研究員は、ビル・ゲイツさんの指示で派遣されてきたらしい。

素晴らしい環境で、素晴らしいメンバーが集まり、将来のための研究開発をしていくであろう。

中国も、本気になったらとんでもない結果を出すことだろう。

 

haisha.jpg

先日、友人の丁先生が経営する三里屯の歯科医院(普瑞美口膣医院)にて、子供向けの虫歯講座が開かれました。

年に一度、このような時間を設けていただいていますが、丁先生の話には子供達もよ~く聞いていました。なにせ虫歯に関係する話ですから…。

歯磨きが好きでない息子も、先生の話しには聞き入っていたよう。帰宅後はキチンと歯磨きをしていました^^

私も治療はいつもここでしていますが、腕は確かです!

親知らずを一度で3本も抜いたときも、最新の設備を使いながら処置していただき、発熱も何も無く翌日には普通の生活をしていました。

安い病院で歯を抜いた同僚は、激痛と発熱で苦しそうでしたが、私は全く問題なく術後の経過も問題なく…。

虫歯にお困りの方、是非この丁先生の歯医者へお越しください!

帰国.jpg2018年の社員旅行も無事に終了となる。

今年の旅行は、四分の三が仕事となってしまったが、一緒に同行した2名の社長も、非常に楽しんでいただき良い思い出となったようだ。

健康診断、温泉、紅葉、アウトレット、不動産見学など、普段の旅行だけでは体験できない事を体験でき、満足いただけたようだ。

我々も、自ら体験することで、伝え方も変わるだろうし、何よりも自分達の経験・感想を伝えることができるので、これは今後の業務展開に大きくプラスとなるころだろう。

天気にも恵まれたこの8日間。

宿泊施設も良く、計画通りの旅行となった!

博物館.jpg今日も初めて訪れた、『東京国立博物館』。

1872年(明治5年)に創設された、日本最古の博物館であるとのこと。

一緒に見学した同僚も中国の展示物を見た際に、「これほど完全な姿の物は見たことがない」とも言っており、中国の文化大革命など長い歴史の中で、歴史に残るような貴重な物が中国では少ないということを感じた感想だった。

私としては、教科書でしか見たことがなかった「踏み絵」を初めて見ることができ、それが一番嬉しかったことである。

まだ見れていない博物館もあり、一日では周りきれないほどの規模。また改めて訪れてみる価値がありそうだ。