社員の日記の最近のブログ記事

warabe.jpg東苑ショックから約半年が経過し、この間、日本人向け幼稚園は大変な時期を過ごしていたことだろう。

東苑公寓に入っているあおぞら幼稚園も、8月に引っ越す先を見つけ、既に内装工事に入っているはずである。

場所は三元橋の遠洋公館B棟の一階。これまでは公寓内を自由に使えるスパースがあり、幼稚園自体も独立している感じだったが、引越し先はビルの一階。

中庭に面してはいるはずだが、これまでのようには利用できないであろう…。

なないろ幼稚園も引越しを余儀なくされ、9号公寓のマンション一階の部屋を借りている。あおぞら幼稚園ほどの規模ではないが、どうなることやら…。

 

先日、お客様の見学もあり、わらべ幼稚園に行ってきた。

こちらも、以前の場所から追い出されてしまい、一時、光明公寓に居候していたが、ここ京潤水上別荘地区へ引っ越したと聞いていた。

その場所がこちらの写真。昔のなないろ幼稚園と同じ場所だ。懐かしい。

敷地内に入ってから少々迷ったが、環境としては申し分ないだろう。園長先生も子供のが大好きなのか、かなり熱い方ではあったような…。

とは言うものの、この家主も個人オーナー。何年くらい使わせてもらえるのか…。

日本でも幼稚園不足でありながら、近所に開園されるとクレームされる事も多いと聞いている。それは中国も同様だ。

日本人向け幼稚園がなくなることは避けたいが、双方が歩み寄り、最善の環境を整える事ができるようになれればと、卒園した子を持つ者としては願うばかりである。

futaba.jpg

先日、初めて「ビーナスふたば幼稚園」に行ってみた。

昔々のふたば幼稚園は知っているが、ビーナス幼稚園と一緒になってからははじめての見学だ。

日本人が多く住む亮馬橋エリアからは少し距離があるが、環境は良いようだ。

北京では幼稚園の設立登記に非常に難しい条件が課されており、新たに設立することも困難だ。更にこのような環境を準備することも容易ではない。

バイリンガル幼稚園に間借りしているような状況のため、教育方針や運勢方針で制限があるなどやり難い箇所もあるかもしれない。しかし、これだけ子供達が自由に遊べるスペースを確保することは困難なことであるため、貴重なである。

日本人のみの幼稚園とはまた違った環境が、子供達にどのような好影響を与えてくれるのか、それもまた楽しみなのかもしれない。

musashi.jpg国貿新ショッピングセンターにオープンした『ラーメン武蔵』に行ってみた。

このラーメンで価格は50元。

高いと思うか安いと思うかは、あなた次第。

 

私は味にそれほどコダワリはなく、質よりも量。

そんな自分にとっは「次はないかな…」という感じ。味は美味しいのだが、どうも自分の中で納得がいかない。

地下のサボテンには今日行ってみた。ご飯を無料でおかわりできるのは嬉しい。キャベツも食べ放題。

そう考えると、ラーメンと餃子で68元。物足りない…。

一風堂なども同じ傾向にある。

 

もうちょっとボリュームアップしていただけると、ありがたい。

でも、家賃が高いだろうから、難しいというのは予想できる。

kohsa.jpgこれはPM2.5ではない。

久々の黄砂の影響である。

今朝は「PM2.5(ウーマイ)か?」と思ったが、風は吹いているのに一向に綺麗にならない大気…。これは完全に黄砂だ。

明日は娘の初めての遠足。

さて、無事に開催できるのだろうか…。

mobike.jpg

中国で流行っているレンタル自転車。「Mobike」が最初に登場したことで、多くの人がそのように呼ぶ。

現在はカラフルになり、競争も激化。先駆者のMobikeも経営も厳しいとか…

ここまで来ると、次はビンク?白?と何色でも登場しそうだが、ここまで真似されてしまうと正直、悲しいとしか思わない。

盗難事件は、主に黄色の自転車が多いようだ。その分造りも簡単。

この事業、どこまで成長するのか。自転車業界に改革は起こしたMobike。日本では「レンタル彼氏・彼女」などというのも存在したような…。中国でもそのようになる時代が訪れるのだろうか…。

tamago.jpg北京で俗に言われる「安全な生卵」は、大きく分けて2種類。

①.蘭皇卵

②.伊勢卵

ここに何と新しい商品が加わった!

その名も、「果樹園の紫卵」~自然の法則に従い守る。続けて~ 艳滋养(ヤンは栄養を与える)である。

値段は10枚で20元程度。決して高くはない。しかし…日本語が怪しすぎる。

日本語がまともであれば、「試して見るか」と思うのだろうが、ただただ怪しすぎる…

需要があるとは言え、もう少し研究してほしいものだ。

味は保証できないが、誰かチャレンジしてほしいものである…。

bike.jpg中国では、現在大都市を中心に「レンタル自転車」の競争が激しくなっている。

昨年夏頃より、上海の若い女性が発案し始まったこの事業。

今まで、市政府が提供した公共自転車はあった。環境には良いが、なにせ返却が面倒であった。

借りて乗っても、いざ返却しようとするとステーションが十分にない。

それを携帯アプリとGPS管理で「どこでもレンタル、どこでも返却」を実現したのが現在のレンタル自転車。

この黄色い自転車は「構造上非常に簡単であり、盗難されほうだい」とは聞いていたが、ここまでとは…。

家の近所で見かけたサドルがない自転車…。

その十数メートル先では、ハンドルが折られている自転車までも…。

これ、中国人にとっては恥ずかしいことなんだろうな…。

miaohui.jpg

中国のお祭りに行ってきた。

中国語では『庙会(みゃおほい)』という。本来ならお寺などで催されるはず。

北京でも伝統あるお寺などに行きたいのだが、人で一杯だし、突然思い立って出発したので、近所の朝陽公園にした。

それでも、人で一杯。

お年玉を手に、自分達でよ~く考えて買い物。

息子はイカの丸焼きを食べ、娘は綿飴。ゲームもして小さいけど、お兄ちゃんがおもちゃと人形をGET!

午後に行ったので、夕方には足の底から冷えてしまった...。

駐車場から出るとき、車が出口に集中し、1時間以上も並ぶことに...。息子も嫁もイライラ...。

どこまでも中国式を肌で感じながら、「いつか子供達と日本のお祭りに行きたいな~」とシミジミ思った。

寒くなると、空気も綺麗になるこの北京。

こんな天気が長く続くといいのだが...。

shunsetsu.jpg2017年の春節を迎えた。

今年も爆竹の嵐だ!と言いたい所だが、この文化も時代と共に徐々に減少傾向にあるようだ。

昔のブログでも書いた記憶があるが、昔は爆竹に1万元(17万円くらい)を注ぎ込んでいた人はかなりいた。

しかし、物価も上昇し、価値観も変わったことで、一回の爆竹にそこまで投資をしない人が増えてきた。

そのお金で、日本に旅行に行った方が良いくらいだからだろう。実際にこの春節でも日本に行った同僚もいる。

 

まあ、それでもこの爆竹は風物詩である。

大晦日の昼間は空気も比較的綺麗で良かったが、0時を過ぎた瞬間から、PM2.5が一気に250まで上昇!

明朝には、何トンという爆竹のゴミが散乱していることだろう。

ガソリンスタンドのそばでも爆竹!常識はないものか...。

あと十数年過ぎたなら、爆竹すらしなくなるのかもしれないな。

伝統文化も時代と共に移り変わって行くのかな...。

ido.jpg今年も民族大移動の季節となった。

旧暦の大晦日まで、あと3日。従業員の半分は既にいない(笑)

店も、レストランも、既に人出不足で効率の悪いこと悪いこと。

その内、各都市の主要駅はこの写真のようになっていることだろう。

私も昔は妻の家に帰ったものだが、あのひとゴミの中移動するのだけは嫌である。

車も人も減り、非常に過ごしやすい北京での春節も12回目かな?

非常~にまったりとしたこの数日間の仕事...のはずが非常に忙しい時間を過ごしているここ2週間だが、最後の3日間はまったりと過ごして行きたいものである。

従業員の諸君、携帯電話とWeChatだけは出るように!