亮馬橋外交公寓 プールメンテナンス

gaiko pu-ru.jpg今だに人気の高い、亮馬橋外交公寓

それでも、10周年となりだいぶ老朽かが目立つ。

日本で地区10年はまだまだ「新築」と対して変わらないだろう。しかし、海外ではそうはいかない。

環境も異なれば、施工技術も異なるし、中国では10年で建築材料も大きく変化しているはず。

今日は、アフターサービスで伺った際に気づいたのだが、スポーツジムのプールがメンテナンス中のようだった。

受付に聞いてみると、11月中旬頃まで工事なんだとか。

確かに、柱も錆付き、もう少し綺麗にしたいところ。

二階のGYMスペースは綺麗に改装していたため、プールもグレードアップするのだろうか。

水漏れなどは、よく発生するが、それが他のマンションでも同じこと。

故障をどのように直し、改善していくのかが問題だ。

物件は供給不足である北京。人が住みやすい環境がもっと増え、日本人ももっと増えることを祈るばかりである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/374

コメントする

月別 アーカイブ