2019年2月アーカイブ

Oakwood Residence.JPG2019年6月をもって「閉鎖します!」と発表していたOakwood Residene

混乱を招き、引っ越し準備を着々を進めていた人もビックリの、ドタキャン。

ダイムラーやVolkswagenなどが動くと、市場に大きな影響をきたす可能性があったが、このドタキャン劇でなんとか被害は出ずに済んでいる。

これでまた大きく値上げを迫られては、どうにもできなくなってしまう…。

コストが割にあわないのか、別に売却先が決まったのかかは定かではないが、これ以上供給が減るようなことは避けたいものだ。

新物件も登場はしてきたが、さあ、北京の不動産事情は今度どのように変わっていくのか、注目である。

月別 アーカイブ