2018年2月アーカイブ

蘭皇.jpg

北京の高級スーパーでよく見かける、「蘭皇卵」に、妃があるのに気がついた。

その名も、「蘭妃」。販売価格はちょっとお安め。

なぜこれを出したのかは不明。

しかし、一昔前までは、卵10枚で30元は非常に高く買う人も少なかったが、安心安全を望む人も増え、今では30元前後の高級卵がかなり増えてきた。

それでも、生卵を食すのは、日本人だけなんだろうな。。。

南山スキー場.jpg今年の旧暦年越しは、スキー場へ!

北京郊外にある、完全人工雪のスキー場、「南山スキー場」。

北京の冬は乾燥しているため、人幸でもなかなか溶けない。

中国のスキー場はコーチがたくさん待機しており、マンツーマンでスキーを教えている。

滑る技術はなかなかのもの。しかしながら、マナーが出来ていない人も沢山…。

 

一番驚いたのは、レンタルスキーの板に塗るワックス。なんとワンシーズンで一回しか塗らないそうな…。

どうりで、お昼時になると板が滑らなくなるわけだ!滑るはずの板が突然滑らなくなると、どれだけ怖いことか。

 

2022年に北京冬季オリンピックが開催予定。史上初の完全人工雪による、オリンピックとなるのだろうか。

決定したからには、是が非でも成功させようとする中国。

ここで滑っている人から、オリンピック選手が誕生するのか。

これだけの人口。才能ある人もきっと多いのだろうな…

春節2018.jpg平素よりお世話になっております。

2月15日~21日まで、春節連休のためお休みとさせていただきます。

旧暦での新年を迎えるため、民族大移動となります。

ほぼ全ての機関が停止となるため、完全なる正月ムード一色。

 

何かございましたら、担当者への連絡お願い致します。

事務所は無人状態です。

よろしくお願いいたします。

sazen3.JPG三全公寓がまた改革…。

改革といっても、それは良い方向に向かうのではなく、残念な方向に…。

ショッピングバスの運行取り消しと、地下倉庫の取り消しである!

ショッピングバスは利用客も年々少なくなり、他のマンションでも提供中止をしている傾向にあるため、残念ではあるが半分は「仕方がないかな」とも感じる。

しかし、地下倉庫は痛い…収納が少ない三全公寓の造りでは、荷物が溢れてしまう。

日本から家財道具一式を持ってくるような人にとっては、これは厳しいかもしれない。

残る手段は、2つある洗面所の内の一つのバスタブに板を置き、物置として利用していくしかない…。

新オーナーの景秀さん…。あなたはどちらへ向かおうとしているのですか??

gessyoku.jpg1月31日。北京で月食が拝めるとは思わなかった。

例年ならば、曇った夜空で、月食が見れるのは不可能に近かった。ここ北京。

それが、今年は見れたのだ!

しかも、私自身の記憶を辿っていくと…日本でも見たことないかもしれない!?

 

実は最初、全く月食について知らず、道を歩いていると何故か皆携帯電話片手に夜空を写真撮影…。

友人に教えてもらえるまで、知らなかった( ;∀;)

ちょうど仕事で一眼レフカメラを持っていたため、無理やり撮影。

望遠レンズも能力足りず、三脚もないため、これが限界。

それでも、大気汚染対策の効果があったこの北京では、その効果を証明できる良い機会だったのかもしれない。