火事

kokuboseiki.jpg先日、国貿世紀公寓で火事騒ぎがあった。

原因は、中国大飯店で働く調理師の家族の不注意らしい。

火は、当事者が直ぐに消火したが、その煙が凄いことに...。しかも、その隣はお客様が住まれており...。

様子を見に行ってきましたが、臭いは強く残っている状態。

来週一週間も、毎日窓を開けて換気をし、掃除もしていくそうだ。

こうなると、様々な被害に対しどれだけの保障があるのか気になる所。

ビル自体で保険にも加入はしているが、その保障にも限界があり、最終的には自分で火災保険などに加入する必要がある。

しかし、そのような火災保険に加入している人・企業は少なく、ほとんどないことだろう。料金てきには非常に安いのだが。

 

乾燥している北京も、更に乾燥しているこの季節。加湿器の空焚きなども火事の原因になることも...。

中国政府の強烈な指導により、今年の北京の冬は、信じられないほどに青空が続いており、毎日清々しく過ごせている今年の冬。

皆様、よくよくお気をつけくださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/299

コメントする