2017年9月アーカイブ

taiwan3.jpg今年の社員旅行が終了した。

台湾島一周の旅。非常にタイトなスケジュールの下、いつもバスに揺られていたような記憶が...。

毎日異なるホテルに泊まり、食事は「団体客用の食事」で、いまいち...。

雨は降れど、街も綺麗で空気も綺麗。初めての台湾としては満足できたかな。

中国人の消費意欲には度肝を抜かれ、大陸と台湾との関係がもっと良好になれば、この勢いは更に凄みを増すことだろう。

 

旅行も2日を残した所で、携帯を失くしてしまった自分...花連へ向かう電車の中で、下車の際に忘れてしまった...。

台湾出身の人にも、

「自分の携帯に電話してみたら?」

と言われたが、何度トライしても「切られる」(T_T)

その内SIMカードも抜かれ、

「大陸と同じじゃん!」

 

WeChatなど銀行とつながっているため、銀行に連絡をし一時的に口座凍結など、緊急処置を実行。

顧客の電話番号も最新の物をバックアップしていないため、焦るは焦る。

しかしこれも感謝して、無事に帰国できる事を祈るばかり!

 

9日に帰国し、10日に早速電話を購入!電話番号も復活!

踏んだり蹴ったりではあったが、想い出深い社員旅行となった。

taiwan 2.JPG既に疲れが溜まっており、バスでは爆睡…と思っていたが、台湾のバス運転は荒いと感じた一日だった。

あれだけ車酔いをし難い体質でありながら、このコーナーリングには耐えられなかった。

本当に車酔いをしてしまう前に、同僚に酔い止めをもらいバスに乗った。

ありとあらゆる場所に行くため書ききれないのだが、この日のメインは日月潭国家風景区である。その昔、日本統治時代にダム建設がされ、本来は2つに分かれていた、日潭と月潭が、ダム建設により人工池のようになり、境が無くなったらしい。

ガイドの説明で、「日本人が~」や「日本統治時代に~」との説明が聞こえると、歴史の事実とはいえ、何とも言えない気持になる。

 

この日は、台湾四大仏教の一つ、『中台禅寺』も参観。商売繁盛を祈願してきました!

山道をバスに揺られ、行きも帰りもちょっと辛い観光ではあったが、今日は天候に恵まれ、良かった良かった。

夜の宿泊は、なんと「汽車ホテル」日本でいうラブホテルとしても使われている場所が今夜の宿泊先!

日本人ツアーでは感じられない、体験できないことも体験しながら、この台湾ツアーは続いていく。

taiwan1.jpg今年の社員旅行は、台湾へ!

昨今の経済状況から、「今年は中しか?」と議論していたが、結局は会社負担を少し減らし、あとは自腹ということ社員旅行決定。そして台湾へ。

自分も初めての台湾。

現地に着いて感じたことは、「本当に日本みたいだ」ということ。

トイレに入っても綺麗だし、女性も日本人みたいだ。お洒落!

町並みも日本に似ていて、日本統治時代の名残のようだ。

 

スケジュールはハードそのもの。

今日は故宮、国父紀念館、蒋介石の家など、休みなく移動。

しかも雨、雨、雨。靴も濡れてしまった。。。。

最後に2015年までは世界一の速度を誇ったエレベーターを体験。

 

観光客数2位を誇るだけあり、日本人も多く訪れているようだで、日本人観光客も多く見かけるし、看板にも日本語表記が非常に多い。

明日も7時前には出発だ。

 

明日は雨が弱くなることを祈りたい。。。。