2017年8月アーカイブ

Damei.jpg

青年路に一年前にオープンした、「Oakwood Damei」。

バスタブは温泉水が出るという他にない特徴をアピールしながら、将来便利になるであろう計画も打ち出し、集客に努めてきた。

そして遂に、待ちに待ったスーパーがオープンした!『APRIL GOURMET』である。

このスーパー、最大の特徴は無人スーパーであること。管理人は一人いるが、レジもなく、消費者は必要なものを選び、QRコードを読み込みWeChatで決算するらしい。

このシステムは最近中国で出始めたものではあるが、雰囲気としてはまだまだな感じ。しかし、今後はこのようなものがメインになる日も近いのかもしれない。

中国での生活は、既にWeChat或いは支付宝での仮想貨幣での決算が出来なければ、生活が成り立たなくなってきている。

同じ地下にローソンも近日中にオープンすることだろう。

ここは無人化はされていないが、居住者も大いに助かることだろう。

kuaidi.jpg大人気の亮馬橋外交公寓、ここに住まわれた方は数知れず…。

ネットショッピングは、日本よりも急速に成長を遂げ、毎日のように配達員が街中を駆け回っている。

そんな中…外交公寓は部外者の立ち入りを禁止しており、デリバリーや速達などの配達員は、2つある門までしか来れない。

居住者は家で待機をし、電話が来たら門まで出ていかなければならない。これが本当に面倒。

他のマンションはフロントで預かってくれる。しかし、外交公寓は従業員の荷物は預かるが、居住者の荷物は預かろうとはしない。

 

そして、遂にこの写真のように宅配ボックスを設置した!待ちに待った宅配ボックスだ!

私も通販は利用するが、居住者にとってはきっと嬉しいことだろう。

外に出て受け取らないといけないことに変わりはないが、留守でも配達がされるのは助かることだろう。