三全公寓のこの頃

sanzen2.jpg東苑ショックからまだ混乱が続く北京。

ウェイティングが50人とも言われる三全公寓

現在は、「新規赴任の方」が優先になっているようです。

これまで、どのように部屋を手配するのか注目されていましたが、結果的には、市内引っ越し(特に東苑公寓から)は全て「待ち」の状態になり、3月、4月退去予定の部屋は全て新規赴任の方向けに手配されています。

「いつか空くだろう」とウェイティングに入っている方は、そろそろ他の選択肢も考えられた方が良いのかもしれません。

今年の12月末までの営業予定である東苑公寓。この残り10ヶ月という時間が、変な余裕を与えてしまっているのかもしれませんね。

今後どうなるのか。

国貿公寓も近い将来リノベーションをするという噂。さあ、いよいよ部屋が足りなくなってくるのか!?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/256

コメントする