増税・・・

kanzei.jpgご存知な方は、私よりも良くご存知なのだろう。

4月8日より、中国では関税が引き上げられた。

いわゆる、『爆買い防止』であることは確か。

営業税も増値税に変更され、全ての企業で増税となる。物価も更に上がるのかな…。

増値税で最終的に減税となる企業もあれば、全く意味の無い企業もある。

とりあえず、家賃は上げられそうだ。

フレイザー系列は、5%の値上げが決定。ケンピンスキーにおいては11%の値上げ。

これ、欧米企業でも耐えられなくなるのでは…。中国は何をしたいのだろう。

「パナマ文章」なるものも出されてしまった政府。増税の目的をはっきりしないことには、国民からの不満も収まらないのでは…。結局、この増税に伴い、領収書発行機器を最購入しなくてはならず…。

やはり意味のない出費がかさむだけで…。

爆買いは、形を変えて今後も増えることだろう。増税の一方で、また粉ミルクの問題が勃発と、国産製品への不信感は更に強くなる一方である。

これで中国経済が上向きになるのか。心配だ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/220

コメントする