国貿アスコット復活

guomao Ascott.jpg

遂に国貿アスコットの復活だ!

数年前、アスコットは唯一完全自社所有だった、国貿アスコットを転売すると決断した。

あれから月日が経ち、東棟と西棟からなるこの物件の内、西棟をあす重慶の投資会社が一棟まるごと購入した。今回は、その西棟をアスコットが管理をすることにより「国貿アスコット復活」となったわけだ。

2016年5月のオープンに向け、現在準備を進めている。今日はモデルハウスを見てきた。

まあ、全面改装しただけあって、間取りから何から何まで新しくなっていた。設計は香港の有名な方らしい。

共有スペースはまだ内装中であるため見れなかったが、雰囲気はなかなかではないかと思う。

家賃相場は、1LDKは23000元~28000元。2LDKは38000元前後から。

Kerry Centerのオープン当初と似ている価格設定だ。

1階にはレストランなどテナントが入る予定だとか。

東棟は分譲に出しているそうで、販売価格は平米単価14万元だそうだ。億マンションだ。

プールやジムが見れなかったのは残念だが、4月前御預けだ。

CBDエリアに新たに登場するマンション。高騰した市場を、少しでも押さえる効果となるか…。期待したいところだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/206

コメントする