2015年12月アーカイブ

akairokeiho.jpgまた赤色警報が発動された。

スモッグPM2.5である…。

土曜日から火曜日までの4日間、交通制限と工場等々の完全停止、そして学校も休校。

子供達の通う学校も休みかと思いきや、本日月曜日も明日火曜日も、通常登校。

クラスの保護者達が検討し、クラスの半数以上が登校した事により通常通りの授業。

12月に入り2度目の赤色警報。

1週間毎に発動されるのだろうか…。そんあはずはない、と言い聞かせながら、様子を見ていくしかないのだろうか。

今後、「副都心」となっていく通州区。朝陽区からすると郊外のような感じだが、2016年内に500社を超える工場を撤退させるそうだ。

市政府が引越しをしてくるのだから、必然なのであろう。

ただ、排気や石炭の質など、根本的な事を変えないからには一時的な対策でしかない。

今後どうしてゆくのか、中央政府の本気度に注目してゆきたいものである。

ASCOTT.jpg北京国貿アスコットが、来春に復活するらしい。

西棟、東棟からなるホテル式サービスマンションを長年運営していたが、分譲する事が決定し、賃貸は中止していた。

ところが、最終的に転売できたのは一棟のみで、残った棟を来春より再度賃貸するというのだ。意外な展開だ…。

リフォームも完了したとのこと。

詳細はまだ知らされていないが、きっと綺麗になっていることだろう。

CBD地区に新たな競争相手が再登場したことになる。数年後には同CBD地区に、中信グループの大型ビルが完成すれば、そこにマンションも建設されるだろう。

そうなると、競争が更に激しくなり、相乗効果をもたらすことになるかもしれない。期待大だ。

また、将来的には、京倫ホテルと建国ホテルが合体し、大型ホテルへと生まれ変わる都市計画なのだそうだ。

その気配はまだないが、2022年の北京冬季オリンピックに向けて、準備が進んでゆくことだろう。

大気汚染はひどい状況だが、CBDが熱くなりそうだ。

wumai.jpg12月8日、9日、10日と、ここ北京では大気汚染レベルが「赤色警告」になり、史上初の学校休校・仕事も可能な限り休む政策が実行された。

車もナンバー制限で、末尾の奇数偶数での交通制限。

しかし、「先週の方がもっと酷かったのでは?」という声も多い。

法律では元々決まっていたこと。しかし、誰も実行した事がなかったことから先週も発動できず。

その後クレームが多かったので、今週になり突然発動させたのではないかと、感じている。

実際、このレベルで発動されたら、今後は何日くらい「突然の休み」になるのだろうか…。

という私は、突然の発熱でダウン。一日寝ていました。

学校が休みになった子供たち。友達の家に遊びに行っていました。

明日10日で、この緊急処置は終了。

週末は、振り替え授業になるのだろうか…。

お母さん方、お疲れ様でした。m(_ _)m

月別 アーカイブ