ノンアルコール遂に登場?

non-al.jpg中国で、ノンアルコールビールは無縁であると思っていた…。

ところが先日、地下鉄駅でこの自動販売機を発見。何の飲み物なのか見てると…なんとそこにはノンアルコールらしき文字が…。

 

アルコール度数はゼロと書いてあり、黒麦100%と…。

 

正直まだ信じがたい。レストランにて置かれるようになったら本物だろう。

お酒を飲まない私にとっては、これは救世主なのだが、中国で売れるかどうか。日本でさえここ数年で浸透したノンアルコール。

お酒大国の中国で、どこまで需要が見込めるのか…。

できれば日本メーカ-にやってもらいたかったが、是非期待したいところだ。

 

12月になるが、年末は忘年会シーズン。本来は旧暦での年越しとなるが、忘年会はどちらかというと陽暦に沿っている感じだ。

飲酒運転も増え、警備も強化されるだろう。

世のお父さんにとって、ノンアルコールは物足りないかもしれないが、お酒が飲めない・苦手な中国人も多いはず。

はやくこの市場を席巻きしてもらいたいものだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする