マイナンバー導入

mynumber.jpg

13年近く前に中国へ渡り、『身分証明証』なるものを初めて知り、「これは中国だけのもの」と思っていました。

ところが、驚いた事に日本も10月5日より導入するらしいとか。

マイナンバーが配布され、税金や年金、様々な個人情報がこのマイナンバーに要録され、一元管理するようになるとか。

年金のずさんな管理が社会問題となり、更に個人情報の扱い方が注目されている昨今、「自分の情報が漏洩するのではないか」と心配されている方も多いのではないだろうか。

この管理、中国はどうなのか?

これ、中国政府に聞いてみたらどうか?

身分証明の管理は、中国の方が長い歴史もあり実績もあることから、日本政府よりは経験がありそうだが…。

流石に、身分証明証にクレジット機能などを追加するのは、私も気が引ける。中国でもないことだ。

 

むかし、アメリカでもマイナンバーを導入したところ、「架空の子供」が沢山出現したとか。子供育児手当支給の不正を働くため、虚偽出産をして申請していた人が山ほど出てきたらしい。

このような不正を防ぐため、マイナンバーを導入するというのは賛成である。但し、情報というものはきちんと管理してもらいたいと願うのが本音。

 

中国ではどのように管理しているのか?お役人の事なので不明点もあるが、今度同僚にも聞いてみようと思う、今日この頃である。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/193

コメントする