2015年10月アーカイブ

moto-g-desk-cases.jpg

最近携帯を変えた。

iPhoneからAndroidへ。なんとMotorolaである。

同僚からの勧めで購入してみた。

この機種は、Googleが開発したAndroidそのまま。手を加えていないそうだ。

流石に慣れ親しんだiPhoneからの乗り換えのため、まずは1000元とお手頃なMoto gを購入。SIMカードが二枚入り、SDカードも装着が可能。バックケースが3色付きだ。

面倒だった日本語と中国語の入力切替は、Googleソフトを入れることで、iPhoneと同じ使い勝手。

操作画面も、日本語表示に切り替えが可能だ。昔はSONYなどが可能だったが、Androidでも可能になってきた。これは中国語がわからない方にとってはありがたい。

そして何より嬉しいのは、VPNなしでも「LINEが使える」事である!

今やAndroidでもほとんどがVPNを使わないとLINEはできず、iPhoneでは接続は全くできない。

Moto gはスペックが低いので物足りないと感じるかもしれないが、高スペックの機種も揃えている。

何よりも、赴任したばかりの方へは、この機種はお勧めでそうだ。

まずは私が自分で使ってみて、きちんと説明できるよう、研究してみようと思う。

konbini2.jpg建国門にある長富宮に、LAWSONがオープンするそうだ。

これは困った…魚清さん、さてどうする?

最近、セブンイレブンの攻勢が勢いを増している感じがするが、ここでも「コンビニの乱」が勃発か?

新鮮館の後に入った魚清。長富宮居住者或いはオフィスにお勤めの方にとっては、魚清が入ったことで「助かった」方も多いのではないでしょうか。

それが、この至近距離で開店準備をするとは…。

魚清の社長は、「路線が違うから大丈夫」と入っているが、さて、どうなることうやら。

LAWSONのオープンは、11月になるらしい。

この競争、どちらが優勢になるのか、注目である。

konbini.jpg弊社のサブオフィスがある、Fortune Garden

そこに開店した、ラインマートの後釜。

最初は「ローカルのお店か~期待できないな」と思っていたが、意外や意外、外国人向けの食材も並べており、何より『安い!』の一言。

多くの在留邦人が購入している、朝日の牛乳。他のコンビニでは24元以上が当たりまえなのに、このコンビニでは21.8元。

たかが3元の違いと思われるだろうが、違う!

更に卵もお安い!

ローソンやヨーカドー、イオンでは、賞味期限近い物を2割引きや半額などとしているが、ここでは毎日21.8元。

これは御婦人方にはありがたいはず。向かいの亮馬橋外交公寓へ引っ越した人も、わざわざFortune Gardenまで買い物へ来る人もいるらしい。

最近、周辺がセブンイレブンだらけになってきたエリアではあるが、元々日本では考えられないくらい高い牛乳が、少しでも安く入手できることは、庶民にとっては有難いことである。

sanquan.jpg最近、パシフィックセンチュリーの改装工事のため居住者引越しが増えたため、入居率が急激にアップした三全公寓

この国慶節大型連休を利用し、共有スペース(スポーツジムへ行く途中)の床を、カーペットからフローリングへと変更したようだ。

今日、入居者の立ち会いで三全に伺った際に発見。思わず写真を撮った。

だいぶ明るくなったようなイメージだ。

以前は定期的にカーペットクリーニングを実施していたが、今後は拭くだけでよし。コスト削減にもなる。

1998年のオープンから17年が経過したが、定期的にメンテナンスを行うことにより、最良の状態を保っている三全公寓。

17年目でも、プールなどは天井含め綺麗な状態をキープ。

部屋の洗面所下水の『悪臭』は改善され、問題も少なくなった。

常にお客様の視線に立ち、投資すべき所に投資をすることで、お客様からの評判も良いようだ。薄利ではあろうが…。

今後も、全三公寓には期待したいものだ。

mynumber.jpg

13年近く前に中国へ渡り、『身分証明証』なるものを初めて知り、「これは中国だけのもの」と思っていました。

ところが、驚いた事に日本も10月5日より導入するらしいとか。

マイナンバーが配布され、税金や年金、様々な個人情報がこのマイナンバーに要録され、一元管理するようになるとか。

年金のずさんな管理が社会問題となり、更に個人情報の扱い方が注目されている昨今、「自分の情報が漏洩するのではないか」と心配されている方も多いのではないだろうか。

この管理、中国はどうなのか?

これ、中国政府に聞いてみたらどうか?

身分証明の管理は、中国の方が長い歴史もあり実績もあることから、日本政府よりは経験がありそうだが…。

流石に、身分証明証にクレジット機能などを追加するのは、私も気が引ける。中国でもないことだ。

 

むかし、アメリカでもマイナンバーを導入したところ、「架空の子供」が沢山出現したとか。子供育児手当支給の不正を働くため、虚偽出産をして申請していた人が山ほど出てきたらしい。

このような不正を防ぐため、マイナンバーを導入するというのは賛成である。但し、情報というものはきちんと管理してもらいたいと願うのが本音。

 

中国ではどのように管理しているのか?お役人の事なので不明点もあるが、今度同僚にも聞いてみようと思う、今日この頃である。