光明公寓ショッピングバス運営停止

mansion-yansha-guangming-g-big.jpg光明公寓のショッピングバスが運営停止になってから半年が過ぎた。

この半年間、居住者からのクレームがないところを見ると、やはり皆さんあまりバスには乗らなくなったのだろう。

この10年間でも、環境は大きく変わった。

亮馬橋のこのエリアは、SOLANAショッピングモールも登場し、更に通信販売も多くの業者が進出した事から、野菜や肉、魚などほとんどの物が簡単に手に入る、しかも家まで届けてくれるという日本よりも便利ではなかというくらい、大きく変化した。

奥様方も、生活に慣れたらショッピングバスにはあまり乗らなくなる模様。

他のマンションでも、バス運営日数が減り、週2日~3日となったマンションも少なくない。

遠くない将来には、ショッピングバスを提供しないマンションがかなり増えるのだろうか。

携帯電話やネットを使った無料通話アプリが登場したことにより、固定電話を必要としない人が増えたのと同じように、時代は刻々と変わりつつある。

2022年に向け、この国ももっと変化してゆくことだろう。是非とも、良い方向へと変わってもらいたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/187

コメントする