面子を賭けたAPEC

APEC.JPG中国の面子を賭けたAPECが始まろうとしている。

そして、市民の生活は窮屈なものになっている…。

3日から「車のナンバー制限」や「煙を出す工場の一切の作業中止」などがされており、全てAPEC開催中に大気を綺麗な状態に保つためである。

面倒なかぎりである。

何故北京で開催するのか。お膝元ではあるが、渋滞や大気汚染で有名になっており、開催期間中に光化学スモッグが大発生してしまっては面子丸つぶれだ。

だから市民の生活が多少不便になろうとも、強制的に排除いしょうとする。

この3日間、奇跡的に大気も綺麗な状態である。

しかし11日には大きなスモッグに覆われるだろうという気象予報が何故か出ている。

弊社はAPEC期間中は休みにした。

自分も最近はストレスがあり体調も優れない。

北京だけの休み。旅行もいいし、ゆっくり休んで疲れを取るのもいいだろう。

APEC・・・国民に対して少しでも効果がある会議にしてもらいたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/147

コメントする