パシフィックセンチュリーが完全リフォーム?

pacific.jpg北京では誰もが知っている「パシフィックセンチュリー」。

オーナーが新しくなったのは今年の夏である。

つい先日、新情報が入った。

マンションである、D座とC座。それぞれ時期は異なるが、完全リフォーム工事をすることが決定したそうだ。

D座・・・2015年6月頃に工事スタート

C座・・・3年後に工事スタート

D座は今年に居住者を退去或はC座へ引越しをさせたばかり。半分近くはアメリカ大使館が所有している部屋。

いや~どうなるのでしょうか。きっと家賃もあがることでしょう。

ショッピングセンターもまだ新しいテナントが入っていない中で、どのように運営してゆくのだろうか。

ケリーセンターが極端に家賃を上げても、リフォーム後の入居率が予想をはるかに超えて良い実績であるため、新オーナーを刺激してしまったのかもしれない。

しかし、一般企業や外交官の台所事情はそれほど明るくはないはず。欧米企業に重きを置いていても、彼らも厳しいはず。

PCPはリフォーム後には、更に高い「高級路線」を目指しているらしい。不安だ・・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/146

コメントする