APEC期間中の政策発表

namber.jpg7日間の国慶節が明けた。

私も病み上がりながら仕事に勤しんでいると、11月に北京で開催されるAPECの期間中の政策が発表された。

【期間は6日間】

1.車の交通規制。奇数偶数のナンバー制限

2.学校や仕事は原則休み

である。

仕事は、政府機関は全て休みとなり、企業は原則自己判断によるが、ほとんどが休みとなるだろう。

6日間のうち、土日を挟み2日間は振替休日、残り2日間は年休扱いとなる。

まあ、APEC開催期間中に、先日のような濃いスモッグが発生したのでは面子丸つぶれであるため、苦肉の策なのであろう。

あれだけ報道されているのだから、今更面子を重んじでも意味がないように思うが…。

北京だけが連休となるため、いっそのこと旅行に行ってしまうのも良いかもしれない。

APEC期間中は、「テロ対策」も厳重なものとなるだろう。

政府の関心と庶民の関心は全く異なる所にある。それは日本も中国も同様なのかもしれない。

しかしながら、大きな規制をかけるとにより、どれだけの改善が見られるのか、ある意味楽しみでもある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする