2013年もあとわずか

世界城.jpgここ中国北京も年末を迎え、しかし年越しの雰囲気はない・・・。

Xmasは、西洋文化の好きな中国人は、日本人同様に思い思いのXmasを送っていた。

マンション市場はというと、来年に向けプロモーションをはじめようと計画をしているマンションがチラホラと出てきた。

当然マンションにもよるが、危機感を感じているマンションは多いようである。

内装や転売で退去を余儀なくされた方も多いとは思うが、逆に入居率が下がり危機を募らせている物件は、特別価格を打ち出したりしながら仲介に対しても「お願いの姿勢」を見せている。

2014年ももう少し、来年はどのような市場になるのか。

 

新世紀グループとしても、来年は結果が求められる時。挑戦しているプロジェクトがどのように転ぶのか…楽しみであり、不安でもあるが毎日が刺激になっているのは確かである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/102

コメントする