2013年11月アーカイブ

ケリー北京のケリーセンターにて、リフォーム工事が進んでいる。

スポーツジムも新しくなり、プールもこの通り。35メートルのプールは健在である。

3階に新しい施設の登場だ。子供向けの会員制の『アドベンチャーゾーン』だ。ケリーセンター独自の運営となっているそうだが、売店も完備しており、子供は一日遊べそうだ。

1回のみの利用も可能だそうで、350元/回/人だ。ちょっと高いかな…。

地下のショッピングモールも新しくなり、綺麗になった。今後はラーメン屋や寿司屋も入るらしい。

モデルルームはまだ完成していないが、今後どのようになるのか…。

新しい情報が入手できたなら、また報告したい。

 

麗舎.png曾てアスコットが管理をしていたマンション。

今は『ARIVA』が引き継ぎ、『北京ARIVA麗舎服務公寓』として再スタートしている。

家具・家電などは大きく変更されてはいないが、大きく異なる事はプールの使用が可能になったことか。

当然の事ながら、もともとプールを所有していないこのマンションでプール建設をすることは難しい。だから、賽特ホテルのジムを使用することとなる。

この費用は、家賃に含まれており、麗舎の居住者であれば誰でも使用可能だ。

1LDK=15800元~

2LDK=23800元~

バスタブが付いていないのは少々残念か。

構造上の問題なので仕方のないことではあるが、これも”慣れ”である。

長らくブラウン管テレビを提供していたが、この度やっとやっと液晶テレビに変更。

メゾネットタイプなのでこれもまた好みが分かれる。

デベロッパー物件と個人オーナー物件が混合しているビルではあるが、今後は日本人の入居者も増えるのかな?

国貿世紀.jpg

北京国貿世紀公寓の新内装が遂にベールを脱いだ!

今までの内装とは全く違う…。知っている方はお分かりになるであろう。本当に違うんです!

現在は3タイプのデザインを実際に作成し、色などの最終調整をするそうだが、これだけの物であれば満足だろう。内装工事は年末より始まる模様。まずは東棟をリフォーム!

西棟は東棟が終了してからだそうだ。完全オープンは2015年4月頃らしい。

ロビーも、GYMも新しくなる。GYMは現在の地下から3階に移ることになる。外装も綺麗にすることだろう。

家賃は、1LDKは14000人民元くらいからになるのかな。

待ちに待ったリフォーム。リーズナブル物件の代表格だった国貿世紀が、新しく生まれ変わろうとしている!

陶器国慶節の時に家族でいった「芸術村」で造った陶器が完成した。

みなさん、どうでしょうか?

息子が一生懸命造ったコップは大きい方。

私がちょこちょこ造ったのは小さい方。

ちゃんと漏れずに使用が可能なんです。

大気汚染の事ばかり注目されていますが、楽しい場所、面白い場所も沢山あります。

完成品を受け取りにいった日曜日、家族連れの人が沢山いました。

先日、お客様から「この近くまで来たのだけど、陶芸ができる場所は何処?」と電話をいただいた。

「798」という芸術区ほど有名ではないかもしれないが、何より時間をつぶせる場所が見つかったのが嬉しい。今後は人型に挑戦してみようかな?

Halloween.jpg先週、ここ中国でもハロウィンを楽しむイベントが数多く催された。

息子の小学校、娘の幼稚園でも当然開催。

家で、かぼちゃをせっせと掘り続けた。

息子も私も初めてのかぼちゃランプを制作。子供は当然大喜び。

顔のデザインは息子にお任せ。海賊王にしたかったらしい^^

ただ、紐で吊るしてアメをもらいに回るとは聞いていなかった…。来年はもうちょっと工夫して作ってみよう。

今は我が家の靴箱の上に置かれている。腐らなければいいが…。