サマーセット管理撤退!

sama-setto

北京のルフトハンザ地区(燕沙地区)で、長きに渡り欧米人を中心にサービスを提供してきたサマーセットが、2013年12月31日をもって、管理を外れることが決定した。

サマーセットは、アスコット同様「管理会社」であり、ビルの持ち主ではない。Oakwood,マリオット、Westinなどと同じで管理会社として家主と契約をし、ネームバリューのある彼らの名前を掲げて集客を図る。

2013年より、契約はFIxではなく、いつでも解約が可能な自由な形式にあっており、長期のお客様は紹介しないようにしていた。

2014年以降はまだ未定とのこと。

新しい管理会社と契約をして、賃貸を続けるかもしれない。はたまた全室分譲に出されるかもしれない…謎です。

国貿アスコットも2棟の内1棟はリフォームして転売、もう1棟は一応賃貸…。こちらも微妙です。

 

全体として利益向上に繋がっていないのでしょう。仕方がありません。

先日、東苑公寓も2年後には日本資本がなくなるとのこと。新大使館区、いったいどうなってしまうのでしょうか。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/93

コメントする