大気汚染

長安街大気今日は大気も綺麗である。

これは数日前の朝9時の長安街沿いの写真。はっきりとは見えないかもしれないが、青空の下側が既にスモッグ?のような物がこもり始めているのがわかる。

「車の排気ガス?」と考えるのが普通とは思うが、毎回のこの大気汚染は、「排気ガスが全てではないのでは?」と私は感じるのである。

排気ガス、暖房などの石炭、工事現場の砂埃、黄砂…。

地形が盆地である上にこの乾燥気候、風が吹かない場合にはあっというまにいつもの霧模様である。

中国政府も原因が不明なようだ。大気汚染を抑えるために、車のナンバー規制を更に強化(面倒)にするという噂もある。

やりすぎれば暴動も発生するかもしれない。

そう考えると、政府も頭が痛いことだろう。

10年以上の中国滞在歴を持つ人たちは、私含め同じ見解を持っている・

「今も昔も変わっていない・・・」

である。

汚染の質は変化したかもしれないが、汚染は今に始まったことではなく、中国の永遠の課題になるのであろう。

この国に希望を持っていない者が、条件が揃っている者は移住を計画する気持ちも理解できる。

 

北京で家を購入してしまった私。

ローン完済までは、逃れられないのかな・゜・(ノД`)・゜・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/92

コメントする