2013年10月アーカイブ

kingstone.jpg

キングストーンが改造工事をしている。

とはいっても、他のマンションのように全面改造ではなく、かつてレストランとして開いていた場所を単身者向けの1LDKへと改造をしているのである。意外だ…。

コンビニもラウンジも、フロントロビー側へ移設しての改造工事。どうなることやら…。

数年前に光明公寓も、塾の入っていた場所を1LDKに改造。家賃もお手頃で、今では満室状態。

キングストーンはもともと1LDKの間取りは豊富な方である。しかし、今後の市場を考えたならば、単身者向けの部屋を増やしておくのも一つの方法であるだろう。

あとは、この改造している部屋が使いやすいかどうか…こればかりは実際に入居してみないとわからない。

OPENは来年になるのだろう。

日本人入居率も、70%⇒40%になってしまったキングストーン ・゜・(ノД`)・゜・

挽回なるか。

 

akibeya.jpgこれから年末にかけて、三全公寓光明公寓ケンピンスキーなど空き部屋が多くなるそうだ。

ケンピンスキーは1LDKなので単身者向けではあるが、家賃がまだちょっと高いようだ。しかし、弊社では2万人民元での交渉も可能になりそうである。

三全公寓や光明公寓は10部屋以上が空くもよう。弊社のお客様では帰国者はそれほど多くはないのだが、他社のお客様でちょうど退去・帰国のタイミングが重なったのだろうか。

東苑公寓の大和ハウス資本撤退、麗都公寓改築、サマーセットの管理会社(アスコット)撤退など今後も家賃高騰しか要素がないと思われたが、同時に外国人の人数も減るのだろうか…。日本は中国嫌いになっているかもしれないが、ドイツなどのヨーロッパなどはこの市場を見越して更なる進出を図る企業が増えているとも聞く。

今後の市場変動に目が離せなくなりそうだ…。

sama-setto

北京のルフトハンザ地区(燕沙地区)で、長きに渡り欧米人を中心にサービスを提供してきたサマーセットが、2013年12月31日をもって、管理を外れることが決定した。

サマーセットは、アスコット同様「管理会社」であり、ビルの持ち主ではない。Oakwood,マリオット、Westinなどと同じで管理会社として家主と契約をし、ネームバリューのある彼らの名前を掲げて集客を図る。

2013年より、契約はFIxではなく、いつでも解約が可能な自由な形式にあっており、長期のお客様は紹介しないようにしていた。

2014年以降はまだ未定とのこと。

新しい管理会社と契約をして、賃貸を続けるかもしれない。はたまた全室分譲に出されるかもしれない…謎です。

国貿アスコットも2棟の内1棟はリフォームして転売、もう1棟は一応賃貸…。こちらも微妙です。

 

全体として利益向上に繋がっていないのでしょう。仕方がありません。

先日、東苑公寓も2年後には日本資本がなくなるとのこと。新大使館区、いったいどうなってしまうのでしょうか。

 

長安街大気今日は大気も綺麗である。

これは数日前の朝9時の長安街沿いの写真。はっきりとは見えないかもしれないが、青空の下側が既にスモッグ?のような物がこもり始めているのがわかる。

「車の排気ガス?」と考えるのが普通とは思うが、毎回のこの大気汚染は、「排気ガスが全てではないのでは?」と私は感じるのである。

排気ガス、暖房などの石炭、工事現場の砂埃、黄砂…。

地形が盆地である上にこの乾燥気候、風が吹かない場合にはあっというまにいつもの霧模様である。

中国政府も原因が不明なようだ。大気汚染を抑えるために、車のナンバー規制を更に強化(面倒)にするという噂もある。

やりすぎれば暴動も発生するかもしれない。

そう考えると、政府も頭が痛いことだろう。

10年以上の中国滞在歴を持つ人たちは、私含め同じ見解を持っている・

「今も昔も変わっていない・・・」

である。

汚染の質は変化したかもしれないが、汚染は今に始まったことではなく、中国の永遠の課題になるのであろう。

この国に希望を持っていない者が、条件が揃っている者は移住を計画する気持ちも理解できる。

 

北京で家を購入してしまった私。

ローン完済までは、逃れられないのかな・゜・(ノД`)・゜・


Fraser residence.jpg北京フレイザーレジデンスの2階にある共有スペースがリフォームされた。

朝食スペース、ジムマシーン、キッズルームなど、以前とだいぶ違う。以前はなかったジャグジーまで完備。プールがない物件であるが、これは有難い。

家賃もキャンペーン中で安くなっている。

通常は15000~16000人民元ではあるが、朝食サービス無しなら12000人民元~でも交渉可能とのこと。これはお得だ。

気になる方は、是非ともお問い合わせいただきたい!

最近ではケリーセンターも徐々にリフォームが完了し、来年のオープンが楽しみである。

ただこのリフォームも考えもので、ビル内部の水道管などは全て交換できるものではない。

一体どのような対策を練っているのか?我々でも見えないところ。

 

需要が伸びているのか縮小しているのかわかりづらい、今日この頃のマーケット事情。

訪問を繰り返すしか方法はないが、是非とももっと業績を上げることができるよう、従業員一同一致団結してゆきたいものである。

東方大班北京のCBDエリアに立地し、新城国際マンションの敷地内にあった、「東方大班マンション」が年内をもって営業終了とし、転売(分譲)となることが決定した。

バスタブはなくシャワーブースだけの特徴ある間取りではあったが、小ぢんまりしていながらも使いやすく、何よりも家賃が「安い」ということで、私のお客様も多く住んでいた。

残念の一言である。

本業はマッサージ店なので、ホテル式マンションを経営していること自体が珍しいのではあるが、25部屋しか管理していなかったが、貴重な存在ではあった。

私のお客様は2名住んでおり、ちょうど帰国辞令の内示が出ており、退去に影響はない。

しかし、北京の状況としてはここまで多くのマンションにて、「転売」、「リフォーム」、「改築」などが続くのか。需要と供給のバランスが取りづらくテナントにとっては非常に厳しい状況となる。

特に日本企業は予算が厳しいため、更に部屋を探しにくい。

このマンション、新世紀不動産で購入し、統一管理をできたらな~と夢見る今日この頃であった。

霧霊山この連休、全くといっていいほどに計画無し。

さあ、どのようにして過ごすかと考えていただところ、友人の誘いもあり急遽、一泊二日の郊外の農村宿泊に向かうことに。

途中、中国では珍しいくらいの規模の高速道路サービスエリアもあり、150キロ離れた山奥に向かった。

宿泊場所は、想像していた通りの環境。

お湯は出ないが、トイレシャワー付きでテレビもある、贅沢だ^^

小川もあり、水も綺麗だ。今回いろいろとアレンジしてくれた朝鮮族の人達は、魚釣りにゆき、我々は小川に子供と共に遊びに。

子供たちも楽しく遊んでいた。

夜は夜で、疲れきってしまうまで遊んでいた。

空気も良く、紅葉も始まった頃であったため、ちょっとしたハイキングにも最適。

最後に脚を挫いてしまったのが、非常に残念だ。

子供がやんちゃすぎで、「カリカリ」していた罰があたったのかな??

何よりも、子供達が楽しく過ごせたのが満足である。

また来よう!

芸術村

連休2日目。

今日は特にすることはなかったが、近所の「芸術村」に行ってみた。子供達が喜ぶかどうか・・・。

意外や意外、土粘土を使った陶芸にハマった!

北京市内にも、「798」という有名な芸術村があるが、これも負けてはいない。多くの芸術家がオフィスやアトリエを構えている。

学生も、絵画の練習なのか宿題なのか、一生懸命描いていた。

写真は、息子の作品。最後にちょっと手伝ってあげて、名前も掘ってみた。

焼きあがるのは20日後らしいドキドキ((〃゚艸゚))ドキドキ

材料費は30元だけなので、今後息子も継続できれば…時間つぶしにはならないだろうか…。

国慶節.jpg今年も国慶節の大型連休になった。

2013年も残すところ3ヶ月、時が過ぎるのが早すぎる・゜・(ノД`)・゜・

写真のようなパレードは行われないが、昨年より高速道路が連休中は無料開放され、渋滞が心配…。

でも特に計画もしていなく、どうしたものか…。

新世紀不動産も当然の事ながら連休となる。

香港に行く者、結婚式に参加する者、帰郷する者…日本に行く者が最も興奮しているようだが。

 

この間、弊社に御用のある方は、メール或いは担当者がいる場合には、携帯電話にお電話ください。10月8日より出勤いたします。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。