2013年7月アーカイブ

kento&eri.jpg

社員旅行国内組ももうすぐ終了だ。

この間、北京では残ったメンバーが代わりにサポートをしてくれている。

来月末には逆に我々が…いなくなる人数が人数なだけに、不安だ…。

 

それはそうとして、今回の旅行も楽しかった。特に子供達は喜んでいて、下の子は初めての家族旅行だったので本当に嬉しそうだった。

やんちゃ過ぎて、どうしても叱ってしまう時もあるが、この笑顔にあるように、「良かった」と思える旅行だった。

兄弟がいて良かったと思える場面もあり、なんだかんだ言って長男も成長していると感じることもできた。

残りはあす一日のみ。夜には北京へ向けて夜行列車が出発する。

さっそく来週の月曜日から仕事がありそうだが、リフレッシュできたので更に頑張っていけるのではないかと思う。

酒仙公寓.jpg酒仙公寓に長年テナントとして入居し、多くの日本人に喜ばれていた、『ひまわり幼稚園』が退去することとなた。

時期はまだ未定だが、区切りの良い時期に終了となり、完全撤退となるようだ。

管理体制が変わり、幼稚園もなくなるとなれば、多くの日本人が引っ越すことだろう。

今まではほとんどが日本人だったが、今後は利益を上げるため欧米人や中国人も更に多く受け入れている予定だそうだ。

ただでさえ供給不足になっている北京マンション。リフォームや転売が主な理由だが、既存のマンションに集中し、更なる高騰とならなければ良いが…。

煙台②.jpg山東省煙台に到着して3日目。

今日も昨日に続き「晴天」である。暑い…。

朝食後、息子と海へ遊びに。

首、腕、背中が痛い…(´;ω;`)

日差しが強く、午前中は外に出ることを迷ったが、せっかくなので「外」へ!

普段からスポーツでもしていれば、このくらいの日差しでも問題ないのだが、もう何年も外でのスポーツをしていないからな…

電話、メールはあるので時々仕事だが、それでも子供達含めゆっくりできている。

今年の社員旅行も、このような行事があるだけで、感謝である。

煙台.JPG2013年もこの時が来た。

従業員が何だかんだいって最も楽しみにしている「社員旅行」。

今年は、

海外組・・・バリ島

国内組・・・煙台

というメニュー。

 

今日は国内組が煙台の地に到着した。

「バリ島の方がいいんじゃね?」

という声も聞こえるが、それは当然のこと・゜・(ノД`)・゜・

自分は海外組が出発する時期の都合が悪く、今年は断念。

でも、下の子も初めて旅行にゆくので、海に近くゆっくりと過ごせる場所ということで国内旅行を選択した。

北京から14時間掛けて到着。

ちょっと曇空ではあるが、子供達も喜んでいる様子。

北京へ戻るのは28日。いつものように電話もかかってくるが、少しでもリラックスし、何より子供達にとっても良い思い出となれれば、それが一番いいな。

natsumatsuri.JPG

去る7月10日、北京商工会の三資会にて夏祭りが催された。

普段は忙しく、会議などは参加できていないが、このような交流の場となると気軽なものである。

同僚も参加し、食事しながら交流を深め、名刺交換もでき、喜んでいた。

今年はなんと日本大使館大使まで参加していただいた。

直接お話する機会はなかったけれど、丹羽大使帰任後は様々なことがあったことから、今回の木寺大使にならお目にかかれたというのは感慨深いものである。

途中踊りのパフォーマンスなどもあり、賑やかな時間を過ごすことができました。

普段お会いできない人とも会うことができ、今後の仕事にも活用できそうである。

今度は年末になれば忘年会もあることだろう。

何か新しい挑戦をし、またこのような場で良き交流ができるよう、また精進してゆくのみと決意した今回のイベントでした。

卒園式先日、息子の卒園式があった。

息子は中国の幼稚園に通っており、小学校入学は9月から。

遂に卒園だ。ちょっとした出し物もあった。上手に踊っていた。

いつもはきかん坊のやんちゃ者だけど、しっかりと踊っており、「成長した」と感じた。

2時間くらいの卒園式が終わり、その後は・・・実は今後も8月末までは幼稚園に通うのだ。

他の子供も同様で、小学校に上がるギリギリまで、クラスを一つ下げて通い続ける。そういった子供が多いのだ。日本ではありえないこと。

共働きが多いため、そのような習慣に。

子供にとってはどんな感じなんだろう。単なる催し物に過ぎないのかな。。。

結婚式.jpg

今日、一時帰国の最大の目的である、従兄弟の結婚式に参加してきた。

一番仲の良い従兄弟である。

苦労してきた男が遂に結婚。幸せになってもらいたい。

自分にとって物心付いてからの日本での結婚式参加は何と2回目。中国の結婚式の方が多く参加している。

どんな内容なのか期待しながら参加した。

チャペルでの儀式の後は、若者らしい賑やかな披露宴となった。

10時~15時までのプログラム。

子供達を連れてこなくてホッとした。この時間の長さは恐らく耐えられないだろう。

中国は自然解散が普通だが、出身地である長野は最後は「万歳三唱」で締める。

いや~、いろいろ経験でき、楽しい結婚式となった。

光明欧米北京でも有名な老舗、「光明公寓」にて、欧米人向け(実質はアメリカ大使館向け)の新築が完成した。

家賃は、6万元前後~である。

一言、「日本人には無理」である。

商社か大手メーカー幹部で、予算無制限という方でないと、難しいだろう。外交官でも無理。

中はどのようになっているのだろうか・・・。

昔、古い欧米人向けの部屋には入ったことがある。日本にはない作りとなっており、リビングが吹き抜けで、暖炉もあり、二階から直接ロビー、リビングが見下ろせる。

羨ましいな・゜・(ノД`)・゜・

今後、そんなに予算のあるお客様を担当することがあるのだろうか。

光明公寓担当者は、「予算あったら連れてきていいよ^^」と言う・・・。

nagano staba.jpg

私は今、一時帰国中である。

従兄弟の結婚式参加のためだが、ここ長野市はやはり空気が綺麗だ。

梅雨のため雨模様だが、雨雲があっても山が見える!こんなことに感動してしまうのは、よほど中国の環境に慣れてしまったからだろう。

乾燥してもおらず、顔は油っぽくなってしまうが、保湿効果はあるだろう^^肌には絶対に良い。

水も軟水なので、風呂に入って頭を洗っても、同じようなシャンプーを使っているはずなのに、髪が「サラサラ」に!

いや~感動の連続だ。

長野にスターバックスは二店舗ある。その内の一店舗が国道沿いにある。

何とドライブスルーつきだ。何故日本人はこのドライブスリルーが好きなんだろう。

今日は三台の車が並んでいた。

車を降りて買った方が、早いと思うのだが・・・。

わからない。何故そこまでドライブスルーにこだわるのか。

やはり便利なのな・・・。
 

居留許可証.jpg7月1日よりビザ申請規定が変更となった。

その中で、居留許可取得申請が、今までは5営業日だったが、今後は最低でも15営業日となるそうだ。

長い・・・。

スケジュールをキツキツにする習慣の多い日本企業。今後はかなり余裕を持たせたスケジュールを組むことをお勧めする。

15営業日が通常ではあるが、場合によってはそれ以上の時間を要する場合もある。

担当者の方、注意が必要である。