故障の原因...

IMG_0367.JPG愛車のREGAL、故障の原因は右写真の真ん中にあるチューブの部分。

専門家の人ならひと目でわかるだろう。

何故ここから水が入る設計になっているのか、理解不能である。

そもそも、仮に水が入ってしまったとしても、電気系統への直接の影響がないようにリスクヘッジするのが普通。やはりアメリカGMだ、全く考えていない。

 

行きつけの修理工場では、ドア部分の配線交換のみで何とか処理をしてもらった。

手配した配線の規格が間違っていたので、なんと右のドアミラーの操作ができない状態に!

新たに正規の配線を手配してもらい、後日改めて再調整。

でも、可能な限り安い値段で、運転に支障が無い状態にまで直してもらえた。

今回は、1ヶ月前のトランスミッション事件よりも、強烈に不愉快になった出来事であった…。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする