2012年12月アーカイブ

2012-12-28 18.23.13.jpg慌ただしかった2012年も終えようとしている。

今年は、新世紀不動産としても大きな挑戦となった年だった。

北京Y'sコンサルティング、北京Y's国際貿易と合併し、新世紀グループとなり業務拡大を図った。

更に、北京キングシティー不動産と協業し、中国長春の開拓を始めた。

まさに将来を見据えた投資である。

従業員も、総勢30人を超え、忘年会も賑やかなものとなった。

たった7人で始めた新世紀不動産も、来春には8年目を迎える。

簡単ではないのは確かであるが、従業員に恵まれ良い人材も多い。意識を一つにし、更に高い目標に向かって精進してゆきたい。

1年後、また皆が笑って集合できるよう、突き進んでいこう!

 

冬.jpg10年以来の寒さだそうだ…。

‐10℃~‐20℃ほど ((((;゚Д゚))))

しかし思い出してみれば、新世紀不動産を立ち上げたばかりの2005年の冬などは、耳が痛くなるような寒さが毎日続いていたように記憶している。

30年以上前の北京は、降水量も多く、ここまで乾燥もしていなく、冬はもっと極寒だったらしい。

やはり温暖化の影響か…。

日本ではインフルエンザとノロウイルスが流行っているそうだ。

死亡者も出ている。気を付けないと。

中国はそれ以外にも様々気を付けないといけないことが多いが、抵抗力・免疫力をつけるために、日々の生活に注意しなければならない。

分かっていてもなかなかできないのは、人間の堕落性。

悪習慣をとっぱらい、2013年の良いスタートを切れるよう、しっかりと準備しなくては。

安倍.jpg民主党政権になってから3年あまり、日本で衆院選が行われました。

中国も政権交代ですが、日本も同時期に交代とは、何か意味があるのでしょうか・・・。

日本では、震災復興や原発問題など、前政権から引き継ぐ問題は山ほどあります。領土問題もその一つ・・・。

 

日本も中国もどうするのでしょうか?

歴史優先か戦後の国際法優先か・・・。私としては「どちらでも良い」となっています。問題が長引き、両国にとって不利益なこばかりであれば全く意味がないでしょう。

政権奪還して終わりではなく、ここからが始まり。これからは逆の立場で、野党が毎日抗議することでしょう。(いつもの事ですが)

日本も中国も、自分の国だけでは勝ち抜いていけない社会となっているのは確か。

日本も中国も、新政権は未来を左右する大きな役割があるのでしょう。

寒波.jpg寒い:(;゙゚'ω゚'):サムィー

今年一番の寒波だろう。

明日はなんと、最高気温が-2℃!ゼロ℃にも達しない!

皆さん、外出は控えましょう。

弊社は、マンションの案内があるので皆出勤です!

厚着して風邪をひかないように、注意しましょう!

guomaoascott-waiguan.jpg

北京の国貿(CBD)に建つ、国貿アスコットがこの度、2013年1月より西棟の改装工事を施工することとなった。

これまで2年ほど、改装工事をするといいながら延期され、今年の春より長期宿泊の受け入れを再開したばかり…。

シンガポール人は何を考えているのか、お客様が非常に迷惑を被っている。

西棟は改装工事を終えたならば転売する計画らしい。

私のお客様も今回の決定により、被害を受けてしまっている一人である。あまりに急で、あまりに計画性の無いやり方だ。

わかっていたこととは言え、ここまで急激且つ無責任な判断は今まで経験が無い・・・。

市場が落ち着きを取り戻し、今までほどの勢いがなくなってきたここ最近ではあるが、アスコットも転売してしまいたいと躍起になっているのだろうか。

このビルが1㎡単価10万人民元以上で売れるのだろうか??