2012年10月アーカイブ

logo_marriott.gif北京の建国門エリアに、世界的にも有名なマリオットホテル管理の、サービスマンションが2012年10月にオープンした。

220室の長期滞在用の部屋を準備し、ホテル棟とオフィス棟とも併設をする大型総合施設である。

単身者或いは夫婦向けのマンションであり、子供がいる家庭には相応しくないが、立地条件は最高である。地下鉄も近く、王府井にも徒歩圏内。

全てが整った設備とサービスを提供する。サービスの質は改めて説明する必要はないであろう。

オープンしたばかりなので、家賃も変動してゆくと思われるが、入居率が低い分家賃は最初は低くしてくるはず。

ともあれ、長富宮東方広場国際倶楽部の大きなライバルとなりそうだ。

中国で就業するためのビザ発行に関し、インビテーションが下りない事が暫く続いており、領土問題からの嫌がらせを受けていたが、最近になって情況に変化が見られてきたようである。

お客様からも「許可が下りた」という話も聞いているため、今後は駐在される日本人も増えてくるかもしれねい。

ただ、いつ再度嫌がらせを受けるかはわからないため、通常の生活の中ではまだ気をつけなくてはならない。

政治とビジネスは切り離して考えたいが、お役人達は一般庶民の事は二の次のようである。

渋滞.jpg中国の国慶節大型連休。

7億人が移動していると聞く。

今年の国慶節は、連休開始の9月30日、10月1日と高速道路での「小型車交通量無料」が大反響を呼び、このように大渋滞となってしまった。

事故の相当数発生したことだろう。北京市内の、9月29日夜の渋滞でも、混んでいる中でやはり接触事故が発生し、更なる混乱を招いていたので…。

 

ところで、今日のニュースで、4日12時より、高速道路上での交通カードの発行を停止することにしたらしい。

つまり、交通無料により車両数が集中した上に、料金場でカードを受け取るために一時停止をするため、更に渋滞となったらしいのである。

まあ、良かれと思った事が、逆に大混乱を招いてしまったということ。中国らしいといえば中国らしいが。

連休もあと残すところ4日。

多くのお父さんが、休みたい体を押して家族サービスにふけっていることであろう。(T_T)

月別 アーカイブ