中国就業ビザ 申請拒否


就業証.jpg尖閣諸島の領土問題により、ご存知の通り日中関係は、非常に緊迫した状況となっています。

「日中国交正常化40週記念式典」も延期(中止)となり、長期戦となってきた感じがします。

そんな中、弊社グループ会社のY'sコンサルタントにてビザ取得代行もしておりますが、外国人が就業するための許可証申請がInvitationを発行する商務局にて、拒否(手続き延長)をされているということです。

資料自体の受理拒否や、受理をしても窓口にて「許可は下りないでしょう」ということを口頭にて伝えられているそうです。

もちろん公式ではないものの、非常に厳しい状況となってきております。

これから人事異動が多くなる時期。弊社におきましても、赴任延期や賃借契約の見合わせなど、お客様の予定変更などが相次いている状況です。

世界が注目する領土問題。

いつどのような形で解決できるのか見通しはできませんが、野田首相も言われているとおり、この領土問題は最終的には中国自身の経済へも大きなダメージを伴うこととなるでしょう。

双方にとって、楽観視できない問題であり、一刻も早い解決が、日中二国間のみならず、中国に関わる全ての国々にとっても重要な問題であると感じています。

取り急ぎ、ビザ申請につきましては、各社ご注意ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする