長春出張~希望が見えた~


changchunwanda.jpg中国で仕事をして約8年。


はじめての出張。

大変だった…

 

昔で言う特急で北京駅から長春駅まで、7時間。

目の前には臭~いおじさんがいて、立ち去った後も臭いが…。

到着は22時半となり、床につくのは午前様。

2日目は、PC購入など、私の責任なので、市場へ出向きPCを2台購入。午後は設定など、仕事がキチンとできる環境にするため、慌ただしく過ごした。

その日も結局は午前様。

 

3日目、体がダルい…。

完全なる過労…。午後には長春ではじめての企業訪問が!

しかし道に迷い、1時間班の遅刻。歩きに歩き、ダルさ倍増。

夕方からやはり熱が出て、一応病院へ。

 

4日目は午前中も寝込み、腰の激痛で苦しみ、午後はマッサージへ直行。

その夜にも再度マッサージ。

なんとか回復し、5日目は無事に北京へ帰ることができた。

 

とんだ出張だったが、希望は見えた。長春は日本人駐在員の人数が400人にのぼるそうだ。そこで北京に近いサービス管理を提供できれば、大きなチャンスになるはず。

ライバルとなる同行者は一社のみ。従業員はなんとか2名揃え、これから徐々に営業をかけていく。

慣れない地で難しい面もあるが、関係会社も含め、一致団結して成功へと導いてゆきたい。大きな挑戦である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shinseiki-bj.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする